上下流交流って何? 上下流交流とは、利根川で結ばれている上流と下流の人々が理解し、連携するための交流です
上下流交流って何?に戻る

* みなさんも水の旅に行ってみませんか?

利根川の上流と下流の人々が手をとりあって、大切な水を守っていくためにいろいろな取り組みをしています。
みなさんも参加してみませんか。


写真
朝霞浄水場を見学する群馬県の子供たち
●東京都を訪れて
 浄水場では、川の水をきれいな飲み水にしています。新宿の高層ビルなどでは、下水や雨水の再利用を進めてます。群馬県の人たちは、これらの施設を見学することで、安全でおいしい水をつくるための取り組みや節水に対する努力などについて理解を深めています。


写真
コースター作りに熱中する東京都の子供たち
●群馬県を訪れて
 緑豊かな水源林や大きなダムは、たくさんの水を蓄えるとともに、下流を水害から守ります。東京都の人たちは、水源地を訪れることで、水源林やダムを守る人たちの努力、ダムをつくるために住みなれた土地を離れた人たちの苦労などについて理解を深めています。


●上流に行ってみてどうおもいましたか。
バスから降りてお弁当を食べたり、丸太切りをした場所の地面が本当にスポンジのようにフワフワしていました。下草は国語で習ったブナの森だったのでうれしかったです。
目の前にきれいなダムがあります。しかし、このダムのために犠牲になった人達のことを考えて、水を大事に使っていこうと思いました。
イワナの放流をしました。イワナの赤ちゃんを、みんなでいっせいに水の中へ入れました。きれいな水でしか生きられない魚だとききました。イワナさん、早く大きくなってね!
お母さんと私で、できる事から始めよう、蛇口のあけしめをきちんとしよう、水をむだに使っていたら、おたがいに注意しあいっこしようと、話をしながら家に帰りました。
下草刈りをするおじさんたちのように緑を大切にしてくれる人がいるのに、自然破壊や粗大ゴミを平気で山に捨てる人がいるのは、おかしいと思う。きっと自分たちの事だけしか考えていないと思う。
いつもなんとなく使っている水、お風呂とか、手を洗うときなど、水をむだにしています。バスの中で見たビデオのように、もしかしたら水の精がおこっているかもしれません。この体験はとっても勉強になりました。

●下流に行ってみてどうおもいましたか。
東京都では、「飲水思源」と言って、水を飲んだり使ったりした時は、上流の水源の事を思って使ってくださいと言う運動をしていると、係の人から聞いて感動した。
東京の人達が、おいしい水やきれいな水を飲めるように、使えるように努力しているのだから、上流に住んでいるぼくたちも、水を汚さないよう、ムダに使わないように心がけなくてはいけないと思いました。
1日に使う水の量をへらすことを学びました。水を出しっぱなしにしないで、使わない時はちゃんと止めるようにしようと思いました。
朝霞浄水場の見学では、矢木沢ダムからくる水がとてもきたくなっているのでびっくりしました。汚い水をいろいろな装置できれいにしていくことがわかりました。
キレイなものは簡単によごせるが、よごれたものを元のキレイな自然にもどすには、とてもむずかしいということがわかった。水の一滴、一滴も大切に使わなければならない。
群馬県の人が使った水を東京の人が使います。できるだけ川をよごさないよう考えて使いましょう。節水に心がけて水を使ってください。

●上流と下流の水に関する施設
施設の名称 内容/休館・休園日/所在地/問い合わせ先
ネイチャービュー矢木沢 利根川の最上流にある矢木沢ダム管理所の3階にあり、奥利根の大自然と矢木沢ダムが一望できます。音声解説やパネルなどによりダムを紹介します。/12月1日〜4月末日/群馬県利根郡みなかみ町藤沢/矢木沢ダム管理所 TEL(0278)75-2081
奈良俣ダム資料館 奥利根の自然を紹介するとともに、パノラマビジョンで模型と映像を使って、ロックフィルダムの仕組みを紹介します。/月曜日及び11月下旬〜4月上旬/群馬県利根郡みなかみ町藤原/奈良俣ダムサービスセンター TEL(0278)75-2838
八ッ場ダム広報センターやんば館 建設中の八ッ場(やんば)ダムの概要とその必要性とともに、水源地となる長野原町の歴史と人々の苦労を、模型、パネル、パソコン等で学ぶことができます。/年末年始/群馬県吾妻郡長野原町大字林1593-3/TEL(0279)82-0279
四万せせらぎ資料館 ダムの模型やパネル写真の展示により、群馬県営ダムやダムの役割を知ることができます。日帰り温泉「こしきの湯」(有料)が併設されています。/第2水曜日及び12月1日〜3月31日/群馬県吾妻郡中之条町四万4400-27/TEL(0279)64-2810
奥利根水源の森 緑豊かなブナ林内で森林浴や渓流遊びを楽しみながら、緑と水について学ぶことができます。また、キャンプ場もあります。/なし(ただし冬期は積雪のため現地までの道路が閉鎖されます。)/群馬県利根郡みなかみ町藤原/水上森林管理センター TEL(0278)72-2401
21世紀の森 平成10年に第49回全国植樹祭の会場になった森林公園です。園内に整備された遊歩道で森林浴を楽しむことができます。/12月〜3月/群馬県沼田市上発知町、川場村大字門前/TEL(0278)23-9308
赤城ふれあいの森 森を育てるための各種作業をはじめ、木材を利用しての木工工作や自然観察などが体験できます。/年末年始/群馬県勢多郡富士見村大字赤城/TEL(027)287-8806
東京都水の科学館 ふだんの生活の中では知ることの少ない水の姿や水の性質、水道事業の最新情報などを楽しみながら理解できる来館者参加による体験型ミュージアムです。/月曜日及び年末年始/東京都江東区有明3-1-8/TEL(03)3528-2366
東京都水道歴史館 江戸時代の人々と上水のかかわり、近代水道が今日の姿にいたるまでの歩み、現在の水道の姿などをわかりやすく楽しみながら勉強することができます。/年末年始/東京都文京区本郷2-7-1/TEL(03)5802-9040
新宿副都心水リサイクルセンター ビルなどで一度使った水を下水処理場できれいにして、再びビルなどに送り、トイレ等に使う水を供給する施設/東京都新宿区西新宿6-6-2
虹の下水道館 下水道の仕組みや、下水処理からできるリサイクル製品などがわかりやすく展示してあり、楽しみながら見学できます。/月曜日及び年末年始/東京都江東区有明2-3-5/TEL(03)5564-2458



このページの頭に戻る
上下流交流って何?に戻る トップページに戻る