水のNEWS 利根川水系上下流交流のNEWSをお知らせします
トップページに戻る

水源地域の植林体験会(1泊2日)  参加者の募集!
  利根川で結ばれた群馬県の人たちと東京都の人たちが、水の大切さや水源地の役割について、理解を深めるために一緒に、利根川の上流、水のふるさとを訪れます。
1
利根川水系上下流(じょうかりゅう)交流事業実行委員会(群馬県・東京都)※

※利根川上流にある群馬県と、多くの水を利用している東京都は、人々の交流を通じて、「水の大切さ」及び「水の育む森林の大切さ」について意識を高め、相互の理解を深めることを目的に、利根川水系上下流交流事業実行委員会を設立し、相互訪問などの交流事業や水に関する啓発事業を進めています。
2
平成24年9月29日(土)〜30日(日) (1泊2日)
平成22年度植林体験の様子
尾瀬散策(イメージ)
3
群馬県みなかみ町ほか

群馬県の方は、貸切バスで移動します。
(集合場所 前橋市大渡町を予定)
東京都の方は、都庁前から貸切バスで移動します。
4 宿
群馬県内の宿泊施設
 (相部屋になる場合もあります。)
5 内
植林体験
ブナをはじめとした自然林のなかで、現地にふさわしい樹種の植林と、木々の生長に大切な下草刈り作業など、森を育てる体験活動をします。
(スコップにより深さ20〜30cm程度を堀り込み、苗木を手植えします。)
 
尾瀬散策
初級者向けの全体行程、約10km(高低差約200m)のハイキングコースを早朝(7時30頃)より概ね4〜5時間をかけてゆっくり歩きます。

※上記歩行に耐えうる体力をお持ちの方にご応募頂くようお願いします。
なお、上記参加中は、ガイド6名程度と看護師1名が同行する予定です。


■群馬県の方
6 群馬県内に在住の18歳以上の方。(高校生不可)
*未成年者は保護者の同意書の提出が必要です。
7 費
1名 6,000円 (1泊4食付、交通費・宿泊費含む)
8 定
20名 申込み多数の場合は抽選(東京都では40名を別途募集)
9 申込方法
はがき・FAX・インターネット(電子申請)のいずれか。
  @はがき・FAXの場合、「水源地域の植林体験会参加希望」と記載のうえ、参加希望者全員の住所、氏名、年齢、性別、代表者の電話番号を記載し、群馬県庁企画部土地・水対策室水資源係まで。
Aインターネット(電子申請)からの場合、下の申込ボタンをクリックして入力画面に進んで下さい。(※このページにはブラウザの「戻る」では戻れない場合がありますので注意してください)
  群馬県「水源地域の植林体験会」参加申込み
10 申込期限
往復はがきの場合 平成24年7月27日(金)から平成24年8月24日(金)
   
インターネットの場合   平成24年7月27日(金)午前9時から平成24年8月24日(金)午後6時受付完了分有効
11 申込み・
  お問い合せ
〒 371-8570 前橋市大手町1-1-1 群馬県庁 企画部 土地・水対策室 水資源係
電話 027-226-2362   FAX 027-223-0024
Eメール: tochimizu@pref.gunma.jp
■はがきの記入例

応募はがきの記入例
 
このページの頭に戻る

■東京都の方
6 東京都内に在住の18歳以上の方(高校生不可)(1組4名以内)
*未成年者は保護者の同意書の提出が必要です。
7 費 1名 8,000円(1泊4食付、交通費・宿泊費含む)
8 定
40名 申込み多数の場合は抽選(群馬県では20名を別途募集)
9 申込方法
往復はがき又はインターネットで
  @往復はがきの場合、往信面に、「水源地域の植林体験会参加希望」と記載の上、参加希望者全員の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を、返信面に、代表者の郵便番号、住所、氏名を、記入の上、東京都都市整備局広域調整課まで。
Aインターネットの場合、
下の申込ボタンをクリックして入力画面に進んで下さい。
  東京都「水源地域の植林体験会」参加申込み
10 申込期限
往復はがきの場合 平成24年7月27日(金)から平成24年8月24日(金)
   
インターネットの場合   平成24年7月27日(金)午前9時から平成24年8月24日(金)午後6時受付完了分有効
11 申込み・
  お問い合せ
〒 163-8001 新宿区西新宿2-8-1 東京都都市整備局 都市づくり政策部  広域調整課 水資源係
電話 03-5388-3289 (FAX 03-5388-1351)
〔Eメール(問い合わせのみ): S0000170@section.metro.tokyo.jp
■応募はがきの記入例
東京都の方は、はがきでお申し込みの場合は往復はがきをご使用下さい。


応募はがきの記入例
このページの頭に戻る
トップページに戻る