上下流交流って何? 上下流交流とは、利根川で結ばれている上流と下流の人々が理解し、連携するための交流です
トップページに戻る

 水は命の源であるとともに、社会のあらゆる活動に欠くことのできない貴重な資源です。
 群馬県の大水上山に源を発する利根川は、下流の首都圏の人々に毎日の生活用水を供給するとともに、広大な田畑を潤し、多くの工場に工業用水を供給しています。

イラスト:上流から下流への水の流れの様子

 しかし、わたしたちの生活に欠くことのできない水も、無尽蔵にあるわけではなく、必要なときに必要な量の水を確保するために、たくさんの人々がさまざまな努力を重ねています。
 また、この貴重な水を将来にわたり安定して利用していくためには、森林の役割、ダム建設に伴う影響、河川の水質保全、水を大切に使う取り組みなどの上流と下流の解決すべき課題について、双方の住民が互いに理解を深め、連携して取り組まなければなりません。
 このような上流と下流の相互理解と連携を目指す取り組みを「上下流交流」といいます。


* なぜ、群馬県と東京都?
* 水をめぐる問題
* 水を支える取り組み

写真:交流の様子  利根川上流にある群馬県と、多くの水を利用している東京都は、人々の交流を通じて相互の理解を深めることを目的に、利根川水系上下流交流事業実行委員会を設立し、小学生と保護者による相互訪問などの交流事業や水に関する啓発事業を進めています。

* みなさんも水の旅に行ってみませんか?



このページの頭に戻る
トップページに戻る