水の旅 利根川の上流・下流の様子や水の大切さを説明します
水の旅に戻る
利根川がむすぶ群馬と東京 下流のようす 東京都


利根川のはじまり 利根川と私たちのくらし 上流のようす 群馬県 ダムのしくみを知ろう!
下流のようす 東京都 上流の人たちと下流の人たちとの交流 見て、来て、ふれて、もっと知ろう水のこと  


利根川は最大の水源
利根川は最大の水源
 東京都の水道水は、ほとんどが利根川、荒川、多摩川の水を使っています。その中でも、利根川と荒川の水を多く使っており、東京都全体で使う水の約8割を占めています。
 利根川と荒川は武蔵水路でつながっていて、利根川の水は、武蔵水路と荒川を通って東京まではこばれます。


利根川の水は、東京都のどの地区に送られているのでしょう?
利根川の水は、東京都のどの地区に送られているのでしょう?
 利根川の水は、主に東京23区と多摩東部に住む人々に送られています。

貴重な水を大切に使う
夜間のろう水検査
夜間のろう水検査
 水は限りある貴重な資源です。水不足の時だけではなく、ふだんから水を大切に使うことが必要です。  そのため、下流では、貴重な水を大切に使うために、ろう水(水もれ)をふせぐための取り組みや、節水のPRなどをおこなっています。また、水のリサイクルや屋根に降った雨水を利用したりするなど、水の使い方をいろいろ工夫しています。

●ろう水をふせぐために
 水道管からのろう水をすこしでもふせぐため、昼も夜もろう水がないか、調べています。水が流れる音を聞いて、ろう水している場所を見つけ修理します。また、古くなった管を、新しいじょうぶな管に取りかえる工事も進めています。


●水のリサイクル
 新宿副都心地区では、一度使った水を近くの水再生センターできれいにして、水リサイクルセンターに送ります。
 この水は、ビルに送られて、トイレに流す水などに使われます。


●両国国技館の雨水利用
 両国国技館では、屋根に降った雨水を、地下にある貯水槽にためて、その水をトイレなどに使っています。
 また、地震のときには、非常用の水としても役立ちます。


貴重な水を大切に使う

水害の起こらないまちづくり
 東京のまちは、たくさんの建物やアスファルトの道路で地面がおおわれています。そのため、降った雨が地面にしみこまないで川にいっきに流れ込むようになり、川がはんらんしてたびたび水害がおこりました。
 このような水害をふせぐために、川の幅を広くするなどの改修を行ったり、雨水を一時的にためたり、地下にしみこませたりする施設をつくっています。
水害の起こらないまちづくり

ひとりひとりが水をきれいに
 利根川の水は、上流から下流へと流れる間に繰り返し使われるので、台所、トイレ、洗濯機、お風呂などから出た水によって、下流にたどりつくまでによごれてしまっています。そのため、下流では、水道水のもとになる川の水を、高度浄水処理という技術などを使って、より安全でおいしい水をつくろうと努力しています。
 しかし、きれいな水を守るためには、ひとりひとりが、毎日の生活で水をよごさないように心がけることが大切です。

ひとりひとりが水をきれいに


このページの頭に戻る
水の旅に戻る トップページに戻る