水の旅 利根川の上流・下流の様子や水の大切さを説明します
水の旅に戻る
利根川がむすぶ群馬と東京 利根川と私たちのくらし


利根川のはじまり 利根川と私たちのくらし 上流のようす 群馬県 ダムのしくみを知ろう!
下流のようす 東京都 上流の人たちと下流の人たちとの交流 見て、来て、ふれて、もっと知ろう水のこと  


農業を支える水
 米を主食とする私たちは、古くから、川の水を水田のために使ってきました。「天狗岩用水」「群馬用水」(群馬県)、「見沼代用水」「葛西用水」(埼玉県・東京都)など、農業のための水路がたくさんつくられてきました。
 また、水田のほか、野菜や果物、花、家畜などを育てるためにも川の水は使われています。

産業を支える水
 物を作る工場で欠かせない水が工業用水です。
 工場では作った部品を冷やしたり洗ったりするためにたくさんの水を使います。この工業用水にも川の水が使われています。
 
くらしを支える利根川
利根川と荒川を結ぶ武蔵水路
利根川と荒川を結ぶ武蔵水路(埼玉県行田市)
 日本の経済が発達し、東京に多くの人々が住むようになると、家や工場で使う水もたくさん必要になりました。このため東京では水不足に悩まされるようになり、利根川に水をもとめるようになったのです。今では利根川の水が、中流につくった利根大堰から武蔵水路をとおり、途中、荒川を流れて東京まで運ばれています。このように、利根川の水は、わたしたちの生活だけでなく、農業や産業を支えています。
 
空から見た利根大堰と武蔵水路
空から見た利根大堰と武蔵水路


このページの頭に戻る
水の旅に戻る トップページに戻る