水の旅 利根川の上流・下流の様子や水の大切さを説明します
水の旅に戻る
利根川がむすぶ群馬と東京 上流のようす 群馬県


利根川のはじまり 利根川と私たちのくらし 上流のようす 群馬県 ダムのしくみを知ろう!
下流のようす 東京都 上流の人たちと下流の人たちとの交流 見て、来て、ふれて、もっと知ろう水のこと  


森林の役わり
雨はやわらかい土にゆっくりしみこみます
雨はやわらかい土にゆっくりしみこみます
利根川の上流は、森林におおわれています。森林は、大雨による土砂崩れをふせいだり、きれいな水をたくわえる働きをしています。また、落ち葉がつもった森林の土は、ちいさなすきまがたくさんあって、まるで大きなスポンジのようになります。降った雨がこのすき間にしみこみ、地下水となって少しずつ川に流れます。
 このように、森林は洪水をふせいだり、水をたくわえたりするいろいろな役わりをもっています。


森を豊かにする間伐
森を豊かにする間伐
森林を守る取り組み
 木々が成長してくると森の中が混み合い隣どうしの枝は葉が重なり合うことになります。このような状態では、木々が日光を十分に受けることができずに細くなり折れやすくなります。
 そのため、上流の人たちは、多くの光が森の中に降り注ぐように、樹木を切ったり、枝を切ったり、下草を刈ったりして森を守っています。


このページの頭に戻る
水の旅に戻る トップページに戻る